top of page

「どうしてりんご飴専門店を作ったんですか?」

この質問は今でも上手く答えることができない。
お店を作った時はとにかく夢中だった。
作りたいというよりは、作らなければいけないという使命感に近い。
今思えば何かに取り憑かれたようだった。何が僕をあそこまで駆り立てたのだろうか。

──────────────────────
りんご飴専門店を作った理由は二つある。
 ① 作品を作りたい。
 ② 居場所を作りたい。

初めてりんご飴を食べたのが運命の日、2011年の11月だ。
アルプス乙女のりんご飴でプレーンのタイプとミルクキャンディーの二種類。
これが不味かった。
何者かになりたい自分、居場所を探し続ける自分がりんご飴と重なった。

誰かがなんとかしなければ!
──────────────────────

僕は「どうしてりんご飴専門店を作ったんで すか?」と聞かれると
左上の空間をぼーっと 見つめながらこのような事をひとしきり考え、悩みながら
(なるべく変な人だと思われない様 に気をつけた顔つきで)こう答える。

「僕が見つけたんじゃなくて、りんご飴が僕を見つけた。
だから僕が作ったんじゃないんです。りんご飴が僕に作らせたんです。」

プレーン秘話写真-min.png

2011年11月某日
りんご飴に出会った。
アルプス乙女のりんご飴だった。不味かった。
君たちがそんなにまずい訳がないだろう…。
その時、りんご飴の声が聞こえた。

bottom of page